おすすめの遺品整理業者の選び方

遺品整理業者の選び方

遺品整理は故人との思い出を整理する大切な場面です。思い出を振り返りながら気持ちを込めて整理したいですよね。

でも、家が賃貸の場合や遠方の場合は長く時間をかけるワケにもいきません。

そんなときに便利なのが遺品整理業者です。

遺品整理業者に依頼すれば、気持ちを込めながらもスムーズに遺品整理を進めることができます。

「でも業者の中には悪徳業者もいるというウワサを聞いたことがある……」

そんな人もいるかもしれません。でも心配はありません。

この記事で「失敗しないおすすめの遺品整理業者の選び方」を説明していきます。

結論だけ先に伝えると、「見積もり依頼を適切におこなえば、業者選びに失敗することはない」です。

ではその方法を解説していきます。

遺品整理の業者選びは「料金・作業内容」に着目

まず、業者の選び方の前に、押さえるべきポイントをお話します。

業者に依頼すると、当然ながら費用は高くなります。そればかりはどうしようもありません。

しかし遺品整理の費用は業者によって大きな差があるのです。同じ条件でも業者によって数万円という差が生まれてきます。

料金の差がなぜ生まれるかは「遺品整理の料金」のページをご覧ください。

そのため、相見積もりは必須です。(後述します。)

でも、相見積もりで、料金だけに着目してはダメです。料金だけで安易に決めると業者選びに失敗します。

その理由は「業者によってプランに含まれる作業内容が異なるから」です。

例えば、下記です。

  • 【A社】基本プラン:50,000円(別途オプション供養:12,000円)
  • 【B社】基本プラン:60,000円(基本プランに供養含む)

値段だけ見るとA社のほうが安いですが、供養をする場合はB社のほうがお得です。

単純な例ですが、遺品整理ではこのような項目が数多くあります。(供養、消臭、遺品買取、手続き代行など)

遺品整理の業者選びで一番大変なのはココです。作業内容と料金を比較するのがとても面倒なんです。

「じゃあどうしたらいいか?」下記で解説していきます。

おすすめの遺品整理業者の選び方【5ステップ】

希望にあった遺品整理業者を選ぶために大事なのは「情報共有したうえで業者を比較すること」です。

下記の5ステップで業者選びを進めましょう。

①作業内容を知り、依頼内容を整理

まずは遺品整理業者に依頼できる作業を知りましょう。

コレが重要です。

遺品整理業者の作業には【基本作業】と【オプション作業】の2つがあります。(下記参照)

※業者によって「無料・有料」「対応可・不可」など違いはあります。

基本作業

撤去・処分 不用品の持ち出し・処分(タンス、机など)

オプション作業

供養・お焚き上げ 遺品の供養
探しもの 通帳・印鑑などの探しもの
消臭・除菌 遺品整理後にお部屋を消臭・除菌
形見分け 故人の形見を遺族に発送
家電リサイクル エアコン・冷蔵庫・テレビ・洗濯機など処分に許可の必要な家電の処分
リフォーム 畳の張り替えや壁紙の張り替えなどのリフォーム
遺品買い取り 遺品を買い取り
自動車の廃車代行 自動車の廃車の手続きの代行
特殊清掃 孤独死・事件などの場合に家を原状回復するための清掃を実施

上記の作業の中で自分が依頼したい作業をまとめましょう。

遺品整理でよく起こるトラブルの原因は「認識のズレ」であることが多いです。

そして認識のズレは、依頼者と業者間の「情報共有不足」に原因があります。

依頼したい作業を整理することが、「希望した仕事をしてくれなかった」「当日に料金があがった」というトラブルを防ぐことに繋がります。

依頼内容を整理したら、次のステップに進みます。

②見積もりする業者を選定

次のステップで相見積もりするための業者を選びます。

ポイントは4つ。

  1. 見積もり自体の費用
  2. 実績
  3. 資格の確認
  4. 金額

上記のポイントをふまえて、見積もりの依頼をする遺品整理業者を選びます。

詳しくは「見積もり前の業者選定」で解説しています。

③相見積もり

次は業者の相見積もりです。

少なくとも2社、理想は3社に依頼したいです。

業者を比べることで、料金・作業内容の相場が分かります。

業者は1社1社個別に見積もり依頼するのがおすすめです。

1社1社に見積もり依頼するのが面倒なときは「みんなの遺品整理」のような一括見積もりサイトがあるので利用しましょう。

見積もりに必要な項目は下記です。

  • 遺品整理する家の住所
  • 建物の種類(戸建、マンションなど)
  • 間取り
  • 荷物の量・種類
  • 詳細情報(要望・家の状況など)

ここで思い出して欲しいのは、ステップ①でお伝えした「情報共有」です。

依頼者側の情報を、業者が理解できるように丁寧に伝えます。

部屋の状況、荷物の量・種類の状況と、依頼したい作業を事前に正確に伝えておくことで、詳細な見積もりや希望に沿った業者の選定ができます。

写真を添付して伝えるとなお良いです。

一番ダメなのは事実を隠してしまうことです。これをやってしまうと依頼者側も業者側も全くメリットがありません。

↓見積もり依頼の雛形(フォーマット)を用意したので使ってください!↓

○○業者 ご担当者様

お世話になります。
【山田太郎】と申します。

遺品整理の見積もりを希望します。

■住所
東京都品川区○○○

■建物
マンション3階
エレベーター

■間取り
2LDK

■状況
生活ゴミが大量にあり、2LDKの部屋がゴミで満たされています。(写真添付)

■処分する荷物の種類・量
【大きな家具】タンス、ベッド、ソファー、机、椅子
【家電】エアコン・洗濯機・テレビ・冷蔵庫

■依頼したい作業
1.供養
2.探しもの: 通帳・印鑑を探しています。
3.消臭・除菌
4.形見分け: 親族に3軒分発送希望です。
5.家電リサイクル: エアコン・洗濯機・テレビ・冷蔵庫
6.リフォーム: 畳の張替え希望です。
7.遺品買い取り: パソコン、骨董品、着物の査定・買取希望です。
8.自動車の廃車代行: 自動車一台の廃車希望です。

■その他
貴社を含め、3社に相見積もりをしています。
金額・内容確認後に判断させていただきたく思っています。

お忙しいところお手数をおかけいたしますが、お見積もりをよろしくお願いいたします。

上記のように具体的に情報を共有しましょう。

見積もりを依頼すると、

  1. メール・電話で概算見積もり
  2. 現地訪問・正式見積もり

という流れになります。(業者によって違いがあります。)

ここで注意点がひとつあります。

現地訪問の際に即決を迫ってくる業者がいますが、即決しないでください。

現地見積もりの日程を同じ日にちにまとめておくと営業を断りやすいですよ。

④業者を比較

現地訪問ののち、見積もりがあがってきたら業者を比べます。

比較する項目は「作業内容」「料金」「対応・信頼感」などです。

提出された見積もりの比較」で詳しく解説しています。

業者の見積もり金額を見て、相場を把握し、金額がオーバーしそうであれば、自分で処理するなどして費用を抑えていきます。

費用を抑える方法は下記をご覧ください。
遺品整理の料金【費用を安く抑える方法】

⑤不明点を質問&解消

見積もりで不明点があれば必ず質問しましょう。業者によって対応できることや得意とする分野が様々です。

不安な点が解消し、金額に納得できたら、正式申込みに進みましょう。

上記の5ステップで遺品整理業者の選んでください。特に①③は重要です。

ここまでのステップを理解したら、業者選びに進みましょう。

何度もいいますが、業者に丁寧に情報共有することが大切です。お互いに良い遺品整理ができるように努めましょう。

こんな人は遺品整理業者に依頼すべき

下記に該当する人は、早めに遺品整理業者に依頼すると良いです。

  • 家が賃貸の場合
  • 家が遠方で片付けが進まない場合
  • 家を売却したい場合
  • 家を貸し出したい場合
  • 固定資産税の支払いを避けたい場合

家は放置してしまうととたんに劣化が進みます。劣化が進んでしまうと売却するにも貸し出すにも住むにも苦労します。

遺品整理業者に依頼し早めに対応するのがおすすめです。

都道府県から遺品整理会社を選ぶ

北海道・東北地方 北海道 / 青森 / 岩手 / 宮城 / 秋田 / 山形 / 福島
関東地方 東京 / 神奈川 / 千葉 / 埼玉 / 茨木 / 群馬 / 栃木
中部地方 愛知 / 岐阜 / 三重 / 静岡 / 長野 / 山梨 / 石川 / 富山 / 新潟 / 福井
関西地方 大阪 / 奈良 / 京都 / 兵庫 / 滋賀 / 和歌山
中国地方 岡山 / 広島 / 鳥取 / 島根 / 山口
四国地方 愛媛 / 高知 / 香川 / 徳島
九州地方 福岡 / 佐賀 / 長崎 / 熊本 / 大分 / 宮崎 / 鹿児島 / 沖縄

遺品整理会社を選ぶ際に知っておきたい用語集

遺品整理業者選びの際に知っておくと役立つ用語をご紹介します。

形見分け 遺品を家族や親戚に分けることです。遺品整理業者の中には形見分けや配送を行ってくれる会社もあります。
遺品買取 遺品を買取りサービスを行っている業者もあります。買取金額を遺品整理の金額に充てることで料金が安くなります。
遺品整理士 遺品整理に関する資格です。遺品の取り扱いの知識や供養の気持ちをもって仕事に取り組んでくれる証明です。業者選びの1つのポイントです。